スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ブログでGoogle AdSenseの審査を通過する!

 2008-04-29
先日、グーグルアドセンスの申し込み方について記事を書きました。

クリック課金型広告で一番儲かるのはGoogle AdSenseと申しましたが、同時に審査を一番通過しにくいのもGoogle AdSenseです。

ちなみに一番審査が通りやすいのは、「ぴたっとマッチ」です。

そこで一体どんなブログ審査に通りやすいのか?

私は3回目でようやくグーグルアドセンス審査を通過しました。

3回目の申請の際に色々調査した結果、最大公約数は以下の3つです。

①個人の日記又は趣味のブログがベスト

②投稿記事数は10記事以上

③各記事の文字数はなるべく多い方がいい


①個人の日記形式がベスト

理由はわかりませんがGoogle AdSenseに最も好まれるそうです。

恐らく内容が利用規約に反する可能性が少ないからでしょう。

同じ理由から趣味のブログもいいでしょう。

内容は何でもいいです。

小学生が書いた夏休みの日記みたいに、朝何時に起きて何を食べてそれから・・・みたいな。

逆にダメな例は以下です。

私が1回目に審査を受けたブログは、アフィリエイト紹介サイトでした。(絶対審査を通過しません。)

2回目はYouTube動画を紹介するブログ。(著作権違反の疑いのあるサイトはNGです。)

何れも審査不通過。

Google のスペシャリストにより AdSense プログラムの基準を満たしていないことが確認されました」との返答でした。

これからアドセンスに申し込もうと考えている方は、Google AdSense プログラム ポリシー ウェブマスターのための品質に関するガイドライン中の「オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しない」などで、申請用ブログの内容が適切かどうか、事前確認されることをおススメします。

②投稿記事数は10記事以上

5記事以上でOKと解説するサイトもあり、いくつ記事があれば良いか、定かではありません。

記事が少ないとコンテンツ不足と判断されますし、又継続性も審査基準に入っているようです。

従って投稿日付の違う記事を、10記事前後用意しましょう。(日付は同じ日に作っても後で変更可)

③各記事の文字数はなるべく多い方がいい

文字数が多いほど、内容があるブログと判断されます。

Googleの社員が、いちいちブログを見に来て審査するのではありません。

コンピュータプログラムで自動的に判断します。

ですから多いに越したことはありません。

適当に形容詞や例えな話などでを付け加えて、出来るだけ文字数を水増ししましょう。

何文字以上必要かは不明ですが、①の解説くらいあればいいでしょう。

500文字以上が多数説ですが、それだけあれば絶対安全という数字だと思われます。

心配な方は頑張って文字数を増やしましょう。


最後に付け加えますと、審査用ブログには、広告は載せてないほうがベターです。

アフィリエイトだけが目的のサイトと解釈される可能性が大きいからです。


審査の申請回数に制限は無く、回数を重ねる毎に審査のハードルが上がるわけでもありません。

ただし前回使ったメールアドレスと違うものを使ってみたり、住所の表記を微妙に変えたりと、ほんの少しの工夫は必要です。(例えば、前回はマンション表記を入れたが今回は入れない、OHをO、SHI
とSIと表現してみる等々。)

諦めずに何度でも、トライすることをおススメします(^^♪


それと言うのを忘れてましたが、このブログで審査に通ったわけではありません。

必ず審査用ブログを用意しましょう。

審査通過後は、副サイトの申請は不要です。


関連記事
ブログでグーグルアドセンスに申し込む
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。